前提としてEC2を立ち上げていてネットワークの設定も大方終わっていることを想定しています。

ネットワーク確認

ネットワークの設定で注意点ですが、セキュリティグループを設定している場合、自分からアクセスできるようにしておく必要があります。

webサービスの場合は80番ポートを「任意の場所」に設定しておく一方で、
SSHはセキュリティのためにも「マイIP」を設定しておく方がよさそうです。
いつでもawsコンソールから変更できるので、気負わずに変更しておいて問題ありません。

下のマイIPにも書いていますが、マイIPを設定した場合は、他のIPからはアクセスできないので、IPが変わるごとにawsコンソールから設定が必要です。

ちなみに

・任意の場所:どこからでもアクセス可能

・マイIP : 今の自分の場所からアクセス可能 (家で作業していたのに喫茶店に移動してsshするなら変更が必要です。)

・カスタム:自分でIPを設定

スクリーンショット 2018-04-19 21.52.00

それぞれの設定は以下から選べます。

スクリーンショット 2018-04-19 21.54.00

SSH接続

そこまでできたら、作成時に作ったpemをダウンロードしてきて、sshをします。

まずElastic IPのIPアドレスを確認します。Elastic IPでIPアドレスを覚えます。

スクリーンショット 2018-04-19 21.55.57

Ubuntuでログインしている場合は、ユーザ名をubuntuとしてsshを設定します。

以下のELASTIC_IP_ADDRESSをログインするIPアドレスに置き換えてください。KEY.pemを自身がダウンロードしたキーに変更してください。

ssh -i ~/.ssh/KEY.pem ubuntu@ELASTIC_IP_ADDRESS

これで目的のEC2にログインすることができます。

おわりに

簡単。