Googleが今までやめてしまったサービス(とやめるサービス)

Googleが昨年、SNSの Google+とメールサービスinboxの開発終了のお知らせをしていたのを思い出した.

2018/12/10にGoogle+は今年2019年の4月に個人向けは終了を発表.原因は個人情報の漏洩.

2018/9 にinbox by Googleは2019年の3月に終了.

とのことだった.

Googleは何回もSNSの基盤を手に入れようとしては失敗しているイメージが強い…

 

で、そういえば今までどんなサービスをGoogleがやめてたんだろうと思って、調べたら日本語版はなかったけど、英語版はあった.

https://en.wikipedia.org/wiki/Category:Discontinued_Google_services

これによると48個のサービスを閉じているらしい.

このうち知っているのは、

IGoogle

だけだった.

Google Code (hosting project)(Github的なやつ)とかもやめてたはずだけど、ここには乗っていない.

上記のwikipediaより引用すれば、以下が今までやめたプロジェクト

ほとんどわからん…サービスが古いのだろうか

Google Readerはわかるかもしれないけど、うーんってところ

Google Page CreatorはGoogle Sitesの前身みたいで、webサイトを作るための基盤.

Google Code Searchとかありとあらゆるオープンソースからコードを検索するサービスらしいんだけど、なんでやめたんだろ…サンプル少ない時とかってよくGithubで検索していて見つかりにくくてしょうがないのだけど…

BloggerとかGoogle全くやる気を感じないのだけど、あれは閉じないの何故なのか非常に疑問.

昔は特にGoogleのUIって使いやすさがなくて味気ないイメージだった気がするけど(確か…)、
最近はだいぶ使いやすいの多い気がする.

 

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です