最近わけあってMacのiMovieを使っている.

その時にデフォルトの状態だと、動画を好きな位置に置けない気がしたため、
どうしようもないと諦めていた.

が、実はちゃんと実現できるようになっている.

実現方法は、

黒背景を置いて、その上のタイムラインに動画を載せ、「ビデオ・オーバーレイ設定」でピクチャ・イン・ピクチャを選択する

でいける.

これをやれば

  • 右寄せ/左寄せ/上寄せ/下寄せ
  • 右上/左上/右下/左下のワイプウィンドウ
  • 拡大縮小

全部できる.

気づくのに時間がかかった… なんでこう素直に実現できないのか…

手順

  1. 動画を読み込みます.

2. 背景で黒画像(黒画像でなくてもできます)を読み込みます

3. 動画を黒画像の上にドラッグアンドドロップします.

4. 右上のオーバーレイ設定を選択して、「ピクチャ・イン・ピクチャ」を選択

5. 動画の位置と大きさを四隅の操作ボタンで変更することができるようになります.